• x
  • Instagram
  • tiktok
  • youtube

電話でのお問い合わせ

0778-62-2545

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

>

防草シート事例

  • その他の防草シート施工事例(公園)[コンテスト応募作品]
    【御像の会様からのコメント】
    私達(御像の会)は田ノ谷町森林公園(ため池の森)の一角に雑草対策も兼ね芝桜を植えようと思い立ち5年前に活動を開始しました。
    しかし当時の現場は最悪で、防草シートを敷くことが出来る様な状況でない事が分かり、いきなり整地、盛り土を伴う大きな工事を行いました。
    防草シートを張る作業では「らくやのう」様にシートを含む資材の調達や作業の指導を現場で直接していただきました。
    着工から3年目、見事な花を咲かせ見せてくれました。この時の感動は一生忘れることはできません。
    防草シートも5年経過しましたが、今もしっかりと芝桜を雑草から守ってくれています。

    【当店からひとこと】
    コメントを読んで、ついジーンとしてしまいました。
    本当に綺麗に咲いていますね!
    お子さんもお手伝いをしていて、地域への想いが伝わってきます。
  • 宅地の防草シート施工事例(通路)[コンテスト応募作品]
    【ぼこちゃん先生様からのコメント】
    砂利下専用草なしシートを使用。
    施工場所:道路側の家屋とブロック塀との間

    毎年、悩まされている草(ドクダミ、スギナ、カタバミ等)対策として防草シートを検討するため、ネットで各社動画等をつぶさに閲覧、研究したところ、貴社の女性社員の非常に分かり易い、かつ専門性の高い動画に巡り合いました。真にこれだと嬉しくなり貴社からパンフとサンプルを頂き、より深く理解できました。また、貴社の中井様にはメールで施工上の様々な疑問点をご相談しましたところ、懇切丁寧にご回答を頂き本当に感謝致します。呉々も宜しくお伝え下さい。
    ご親切に専門家からの様々なアドバイスを頂き、施工準備ができ安心して発注する事ができました。

    施工場所には長年砂利を敷いてあったので、今年の夏、地面に埋没した砂利の除去と水洗い、草取と整地を頑張ってしたのですが、猛暑に負け防草シートの施工迄に至らずで、その間、草も何度か生えてしまい、今日やっと完了しました。懸賞に励まされて何とか11月期限の今日応募できることになりました。

    特に苦労した点は、狭い場所でのエアコン室外機、大小幾つもある排水溝の蓋への防草シートの 隙間ない施工でした。しかし、この狭い場所での毎年の草取りの苦労を思えば、これで10年は開放されるとモチベーションは上がりました。

    頂いたシートは十分あるので年末に向けて、未完了の隣家に接する露地、庭の防草シート施工に取り組むつもりです。

    今日の施工完了に日が落ちてしまったので、写真が暗く申し訳ありません。必要であれば明朝、明るい中で写真撮って再送致しますのでご指示下さい。

    写真が多く送れないようで、残念ですがビフォーアフター、プロセスが添付できませんでした。

    私は70歳ですが残りの庭等の防草シート施工に頑張るつもりです。今後共、宜しくお願い申し上げます。

    【当店からひとこと】
    当店の商品、並びにサービスも気に入ってくださり大変うれしく思います!
    ぼこちゃん先生様が苦労されたとコメントしている点も、うまく施工出来ていて素晴らしいです。
    白い砂利とレンガのおしゃれな家の壁がとても合っていて素敵になりましたね♬
  • 農地の防草シート施工事例(畦畔)[コンテスト応募作品]

    雑草対策コンテスト「植栽・緑化部門グランプリ」受賞作品

    【大茅地区活性化協議会様からのコメント】
    2014年より個人的に大茅地区活性化協議会にて防草シートを購入、棚田の法面に「芝桜」16000株を植付し美しい景観が源流の集落誕生しました。
    2019年には6000人(今年はコロナで見頃の時期に閉園処置を採りましたので80%減)の方が来るまでになりました。
    管理用の足場として法面2m毎に単管パイプを使用しています。防草シートの周囲にはシートピン以外にマイカ線を50㎝位の竹櫛で止めて固定しています。
    最初に植付けた部分は苔等で傷んで来たので、更新を始めていますが、シートはまだまだ使用できるので助かっております。

    【当店からひとこと】
    芝桜の色を利用したグラデーション、「おお♡がや」の文字。
    とても美しく息を飲みました。完成度が高く驚きです!
    皆様の、大茅地区に対する愛が溢れていますね♬
  • その他の防草シート施工事例(慰霊塔)[コンテスト応募作品]
    雑草対策コンテスト「長持ち部門グランプリ」受賞作品
    【近藤隆男様からのコメント】
    私の父は三十三歳で戦死しております。
    私に孫ができた時、息子の我が子の可愛いがり様を見て、「私の父は他人よりも子煩悩で私たちへの可愛いがり様はすごかった」という話を思い出しました。
    その父にある日突然赤紙が来て召集され、可愛い我が子や妻といきなり引き裂かれました。
    戦地であるフィリピンへ行かされ、故郷へ帰らぬ人と成り…父の気持ちを思うと、残念で死んでも死にきれない気持ちだったろうと思います。

    そんな父を思い、私は二十代の頃から戦没者遺族会壮年部長になりました。
    平成十年頃からは遺族会副会長として、四十年以上父の為と戦死者皆の為を想い、真室川梅公園の入口に慰霊塔を、平成二十年には芳名碑を建立しました。

    慰霊塔や芳名碑の周囲には雑草が生え、除草剤や草刈りが大変でした。
    そこで、私がお墓に敷いたらくやのうの草なしシートを敷いてみてはと役員会に計ったところ、全員の賛同を得ました。
    周りは砂利でしたので、黒土をダンプで三台分買って、周囲に一輪車で人力で運び黒土の上に草なしシートを全部敷き芝桜を写真の様に植えました。
    毎年六月頃に花を咲かせ、真室川梅公園に来る人たちの目を楽しませてくれます。私も管理をしながら満足しております。

    雑草でお困りの方々に、らくやのうの十年保障付きのらくらく草なしシートを私から自信を持ってお勧め致します。

    このお墓、慰霊塔、芳名碑の写真を見てください。
    私が保証してお勧め致します。

    また、この写真を利用して雑草でお困りの方々にぜひ宣伝して下さい。
    草なしシートを敷いてから十年以上経ちますが、雑草は芝桜を植えたシートの穴から少し生えてくる程で、外には一切草は生えません。
    お墓に敷いた親類の方々や、一緒に慰霊塔の周りに敷いた遺族会員の皆様からも本当に良かったと喜んで戴いております。 私から自信を持っておすすめ致します。

    この写真は令和二年十月二十二日に遺族会員で追悼式の前日に慰霊塔の清掃をしている様子です。

    【当店からひとこと】
    近藤様のお気持ちが伝わる応募、本当にありがとうございました。
    会員の皆様もとても良い顔をしていてあたたかい気持ちになりました。
    丁寧に皆様で施工してくださったのがお写真から見て取れます!

    近藤様はお墓周りの事例も送ってくださいました。

    お墓周りの事例はこちらです。
  • 農地の防草シート施工事例(農道)[コンテスト応募作品]
    【実松地域資源保全の会様からのコメント】
    毎年、秋になると神社の秋祭りで御参りする参道と田んぼの側面に隣接している農道が密接している為、農道整備(景観形成)にて毎年、細やかな草刈りを行っていました。
    設置以来、草刈り作業が軽減し関係者は喜んでいます。

    【当店からひとこと】
    施工前のお写真を見て驚きました!
    本当に綺麗な農道になり、その農道を使用する人たちも気持ちが良いでしょうね♬
    草もなくなり、綺麗で歩きやすい農道になって私たちも嬉しいです!
  • その他の防草シート施工事例(お墓)[コンテスト応募作品]
    雑草対策コンテスト「長持ち部門グランプリ」受賞作品
    【近藤隆男様からのコメント】
    私は会社を五十五歳で退職し、その後介護の仕事を無理やり頼まれてデイサービスの送迎から風呂入いれ、また下の世話などの介護員から介護員兼業務員と言う辞令を頂き施設の管理や自動車の管理まで任され、五十六歳から六十五歳まで十年間勤めて退職しました。

    私の父は私が二歳、姉が六歳の時に戦死しそれから母は二人の乳飲み子を抱えいつも泣きながら無我夢中で働き、私たちを育ててくれました。

    その母が来年二十三回忌を向えようとしております。お墓は母の三回忌の時に建立しました。
    それからお墓の周りに雑草が生え、お盆の時の墓掃除は大変でした。
    そんな時、私は共済新聞でらくやのうの防草シートの記事を見ました。確か平成十五、十六年ごろだったと思います。 十年間の保証付きとのこと。確か1メートル×2メートルのものを購入しました。。三本注文し、お墓の周りに敷きました。 草が生えてきたら十年保障で新しいのと取り換えてくれるという事でしたので周囲の本家や別家の親類の方々にも勧め注文し、全て私が貼りました。
    二十年近くになりますが草は一本も生えておりません。

    この写真で見る通りコケが少々シートの上に見えますが、皆さんには大変喜ばれました。
    ホームセンターなどに売っている防草シートを買って、私の真似をしてお墓に敷いている人もいますが、そうゆうのは長持ちしないことでしょう。

    【当店からひとこと】

    お母様のお墓をとても大切にされていたのが伝わってきました。
    コメントの通り、苔はありますが雑草は一本も見当たらず素晴らしいです!
    施工から10年が経過していますが美しいお墓を守れていて、私たちも嬉しい限りです。

    近藤様は慰霊塔周りの事例も送ってくださいました。

    もうひとつの事例はこちらです。
  • 宅地の防草シート施工事例(お庭)[コンテスト応募作品]
    雑草対策コンテスト「11月優秀賞」受賞作品
    【TETSU様からのコメント】
    芝生を20年程、放置して雑草だらけになってた庭をなんとか草が生えないようにと、コロナ禍の中、ひたすら頑張りました。
    一枚目は、玄関前、砂利下シート、人工芝、モルタルで、3区画に分けて施工。
    2枚目は、道路に面した石垣にらくらく防草シートと芝桜100株で雑草対策。
    このコンテストでやる気が増して頑張れました。


    【当店からひとこと】
    おしゃれな雑草対策、憧れます!
    人工芝とモルタルの組み合わせが自然で良い雰囲気ですね♬
    芝桜も大きく広がるのが私たちも楽しみです!春が待ち遠しいですね!

    翌年春、「一年目で、こんなに大きく咲きました。」と芝桜が花開いた様子を送ってくださいました。 植栽してから半年ほどですが、随分と大きくなりましたね。とっても綺麗です。
    TETSU様は八月にも応募をいただいております。

    前回の事例はこちら
  • 農地の防草シート施工事例(土手)[コンテスト応募作品]
    【渡辺精一様からのコメント】
    ・施工範囲 & 防草シート(ホームセンター)   1m×30m
    ・U字溝専用ピン(らくやのう)   300型
    ・Uピン/30cm & 押え板(ホームセンター)   メインで使いました。
    ・防草シート接着テープ/黒 (らくやのう)
    ・防草シート補修用テープ(ホームセンター)

    この場所は直線で、下に降りて私の胸の高さで作業ができてやりやすかったです。
    ただ、法面の凹凸が比較的に多くあったので、張り終えてからの全体的な感じは均一にはなっていないような仕上がりになりました。

    また。最後の一枚の写真は防草シート張りとは無関係ですが、この場所での作業が風が吹いていて張りにくかった日を利用して、倉庫にあった丸太を使い隣の田んぼへの移動がやりやすい様に作りました。今までは、飛び越えていましたが以前に刈払機のチップソーを回転させた状態で飛び越えたところ、着地して足を滑らせ溝に落ち全身ずぶれになった危険な思い出があったので、危険防止の為に安全作業ができるようにこの機会に作りました。

    3mの幅なので、橋板を渡せばいいんですが、都度板を置くのも面倒何で「一層のこと…」と思い、期間をかけてDIYも兼ねていたので出来栄えは満足しています。1本1本防腐剤を塗ってあるので半永久的に(???)大丈夫でしょう(笑)

    ■⑧⑩ ・施工範囲と防草シート(ホームセンター)   1m×52m
                  他に、場所により、2mと0.5mも使いました。
    ・U字溝専用ピン(らくやのう)   450型
    ・J型ピン(らくやのう)   数本程度の使用です。
    ・Uピン/20cm & 押え板(ホームセンター)   メインで使いました。
    ・防草シート専用接着テープ/黒 (らくやのう)
    ・防草シート補修用テープ(ホームセンター)
       
    ⑩の写真の奥は、湾曲になっていて凹んでいるので、かなり手ごわかったです。仕上がりもかなり不細工になってしまい反省しています。また、この写真での角はそんなに張りにくいとは思いません。今の時点では凹み箇所よりは、膨れている所の方が防草シートは比較的に張りやすいと実感しています。この張り方も我流ですが…。

    ■⑨⑪⑫

    ・施工範囲と防草シート(ホームセンター)  幅:1m  長さ:2m(湾曲の所だけ) 1m 0.5m
    ・U字溝専用ピン(らくやのう)  300型 & 180型
    ・J型ピン(らくやのう)   そこそこ使いました。
    ・L型ピン(らくやのう)  そこそこ使いました。
    ・Uピン/20cm 押え板 (ホームセンター)  メインで使いました。
    ・防草シート専用接着テープ/黒 (らくやのう)
    ・防草シート補修用テープ(ホームセンター)

    この場所の⑨の写真も、先ほどにもありましたが、湾曲で凹んでいるので難儀しました。
    やはり、湾曲になっていても凹み部よりは膨らんでいるほうが張りやすいというのが私の実感です。

    この場所には近くの川からの水の取り入れようにパイプが埋め込んであります。
    避けては通れないので写真のように、ちょっと不細工な仕上がりですが接着テープを使い張ることができました。接着テープは粘着テープ同様に安心して使えますね^^ただ、この日は風も少しあり、空も若干曇ってきたので焦りは正直ありました。 案の条、夕方に土砂降りの雨が降ってきました。雨が降る前に張り終えて安心しています。 写真では、テープは全部張り終えていますが、この日は防草シートを張っただけで作業は終えました。天候が気になってましたからね。テープは次の週の週末に貼りました。

    ■⑦

    ・施工範囲と防草シート(らくやのう)  1m×77m
    ・防草シート(らくやのう)  とことん草なしシート(1m×25m 約2本分)
                                 1本は0.5mにカットして頂きました。
    ・J型ピン(らくやのう)  この場所では80%くらいは使いました。
    ・L型ピン(らくやのう)  石ころがたくさんあったので、そこそこ使いました。
    ・Uピン/30cm & 押え板(ホームセンター)
    ・防草シート専用粘着テープ/緑 (らくやのう)
    ・ピンシール / 緑 (らくやのう)

    この場所での、右側のコンクリートの擁壁の箇所は粘着テープを使いました(77m全て)。
    また、この場所は胃が痛くなるくらいに石ころが多くて、中には一抱えほどもある大きな石が何ヵ所にか埋まっていたので土方仕事をしながら((笑))…まあ~これは冗談ですが、スコップとかつるはしで掘りながらピンを打ってました。そういう石を避けながらピンを打てばいいんですが、そうすると間隔が広まってしまうので致し方なしに石を取り除きながらの作業になりました。

    また、写真の左側から(風下)からの風も凄いのでシートがめくれ上がることが気になっていたので、間隔は狭くなりますが狭く打ちました(40cm程度の間隔で)。さらには、幅が全体的に1mほどだったので擁壁側と田んぼ側に集中してピンを打ち込み間は1m間隔で打ち込みました。

    最初から、この場所は石ころが多くてJ型ピンでは打ち込めない場所もあったので、そこはL型ピンを使いました。さすがL型ピンですね。固くて若干曲がりましたが、それでも叩き続けるといとも簡単に地面に入っていきました。私の場合は「J型ピンとL型ピン」で防草シートが張れたと言っても言い過ぎではないとつくづく感じています。


    【当店からひとこと】
    広い場所への施工大変お疲れさまでした!
    相変わらず丁寧で完璧な施工ですね♬

    渡辺様のもうひとつの事例はこちらです。
    前回の事例はこちらです。
  • 農地の防草シート施工事例(その他:作業小屋)[コンテスト応募作品]
    【渡辺精一様からのコメント】

    ・幅は12mほどです。
    ・防草シート…とことん草なしシート(らくやのう)
             ポリプロピレン製シート(ホームセンター)
    ・J型ピン(らくやのう)
    ・Uピン/20cm & 押え板  (ホームセンター)
    ・ピンシール(緑)…らくやのう
    ・防草シート補修用テープ (ホームセンター)
    ・人工芝(ホームセンター)
    ・防草シート専用粘着テープ/緑(らくやのう)
    ・丸太(この建物内にあった使っていない丸太をカットした物)
    ・番線(丸太を固定するために使用)
    ・先端が丸くなっている太さ9mmで長さ1.5mの鉄の棒  7本

    この場所は、私の作業小屋代りに使っている建物の出入り口です。
    私が小学生の頃は、親が鶏を飼っていてエサ代が高騰しはじめ経営も難しくなってきて、廃業してからはもの置き代わりに使っています。

    私が住んでいる村のメイン道路の途中にあるので、このままでは良い印象でなくなるので思い切ってこの建物の外観のリフォームも兼ねて防草シートを張ることにしました。
    また、左側の出入り扉は倉庫側で、右側にがメインにしている出入り口です。
    この出入口前の側溝に私が考案して作った踏み台のような橋?があるのは、以前に出入りしていて慌てていたのでつまづいて倒れた勢いで頭をドアにぶつけたことがありました。
    なので、安全に出入りできるようにDIYを兼ねて作ってみました。やっぱり安心ですね^-^

    では、前置きは長くなりましたが、説明に入ります(笑)

    この場所は先にも言いましたが、普段はそんなに使いませんが、草刈りの次期とかDIYをやりたいときには頻繁に出入りする場所です。なので他よりは慎重に張りました。

    まずは、念入りに草刈りをして(当然ですが…><)から、そこそこに平らになる等に地面をならしました。

    それから最初に、ホームセンターで購入したポリプロピレン(PP製)のシートを最初に貼った後に、とことん草なしシートを張り、左右の出入りする動線にホームセンターで買ってきた人工芝を張りました。
    PP製のシートととことん草なしシートを張るにあたって問題点が2つあります。それは、先にも書きました建物自体が年数が経っているので(おそらく45年くらいは経過しています)コンクリートの基礎部が欠けています。また、際は地面はコンクリートがどこまでの範囲で占めているのかわからなかったのでピンが上手く打ち込めませんでした。

    基礎部が欠けている状態では上手くシートは晴れないので、極端に欠けていろ箇所だけは、コンクリートを練ってそこだけ補強しました。写真で角が膨れ上がっている部分です。他は「これくらいは良いだろう…」と落胆していたんですが後になってからは「しまった!!」と後悔し切りです。当初は上手く粘着テープはくっついていたようなのですが、日が経つと剥がれてきています。今となっては、最初は時間がかかってもシートを張る範囲全部の基礎部に補強を入れればよかったのに…と後悔しています。実際のところ、最初に補強した角の所はちゃんと張れています。この件で勉強になりました。その時はちょっと 急いでいたんでしょうね><

    基礎部がこういう状態なので、実際は、金タワシで表面をこすりながら張りました。

    まだ続きますので我慢して目を通してほしいです(笑)

    この場所では最初にも書きましたが、リフォームも兼ねていますので、今の時点では建物の正面と右側の側面だけしかできていません。写真の波板を張る前のトタンはボロボロで、クギもサビていたので1枚の板を外すのにも難儀しました。2~3枚外しては2~3枚分を張る…そんな繰り返しです。張り終えた後は最高の気分でした。外観はすっきりしているし、建物の中は以前は日中でも真っ暗で、それと比べると今はかなり明るいです。足元もはっきり見えます。
    でも、左側側面と裏の方はまだまだなので完成までは、まだまだ長い道のりです。
    あっ!それと、右側の側溝の修繕も残ってました。どういう風に作業を進めるかは考えてますが、あとは材料の購入のみです。

    それと、①と④の写真に写っている左側の木材で敷き詰めてあるところは田んぼの出入り口になっています。
    そこは、写真⑤⑥での粉砕機で作った木材チップを敷きました。これも最初から考えていたことです。

    長くなってしまい。すいません><

    3回目の時に言いましたが、木材チップを作るのに使いました粉砕機を紹介させていただきます。

    本社は九州の福岡県にあります「大橋」というメーカーの粉砕機です。
    型番は「GS-123GB」です。直径が12.5cmまでだったら竹でも木材でも粉砕できます。
    営業の方が、日本全国を4トントラックに試運転機を難題か乗せて回っておられたので、そのタイミングに合わせて話を進め購入を決めました。

    それまでは、農文教から出版している「現代農業」でその粉砕機の存在を知り、また、大橋のHPからも情報を入手しずう~~っと検討していましたが、タイミングよく大橋の方とタイミングが合いました。
    ただ、個人間での取引はできないと言われたので、間に私が親しくさせていただいてる農機具のメーカーの方に間に入って頂き手続きを早急に進めました。

    今は、購入してから1年半ほど経過していますが、この粉砕機を使用する機会は頻繁にあるわけではありませんが、事あるごとに木材を粉砕機にかけてチップを有効に活用しています。

    今回の場所ではチップを敷いたところとか、建物側の土留めにしている所のチップはこの粉砕機で作ったものです。
    これから先も、防草効果を高めるのに有効に活用していこうと思います。

    今回の防草シートを張るにあたっては、以前の防草シート張りに使いました鉄筋は一切使いませんでした。
    その理由は、以前は最初の写真にもありました「昔に鶏を飼っていた…」と書きましたがその時に解体した時のサビてはいましたが鉄筋が大量にあったので有効活用と思い使いました。でも、今は、そんなには残っていなかったので致し方なく粘着テープをつかいました。ですが、今回粘着テープを初めて使ってみて、その効果に驚いています。張る時は手に粘着部がくっついて手がねばねばして扱いにくい思いをしましたが、結果は良かったです。

    また、最後の場所では直線部で77mありましたが、ここでは以前に紹介しました「キャスターでコロコロ」を使いました(笑)やはり、熟慮?した物だけに、テープを押えるには凄く役に立ちました。

    今回は、何ヵ所かで防草シートを張りましたが、接着テープや粘着テープに限らず張ったところは都度見回ってテープが浮き上がっている所は都度手直しをしながら点検をしたいと思っています。

    それと合わせて今気になっていることがあります。
    それは、以前にシートを張りその後に植えた芝桜も年数が経ち、綺麗な花を咲いてくれましたが、排水性が悪いためか根腐れ?を起こしているのが目立っています。
    今回載せました写真にも、その根腐れ?を起こしている状態が映っていると思いますが、それに対しての対処方法がこれからの課題になっていると思います。

    最後になりましたが、先にもちらっと書きましたが、鶏小屋の周辺部についてはまだリフォームを兼ねた作業が残っています。その作業では、貴社の砂利下専用シート使う予定ですが、そこでの作業については、作業方法はもう考えていますが、 後は材料の購入だけです(先にも同じことを書きました(笑))。
    作業開始時期は予定が経っていませんので、今回のキャンペーンにも送りたいと思っていましたが、当然ながらに間に合いません。

    今後は、作業が完成次第どなた様にも何かの参考にと思い(参考にはならないと思いますが…)タイミングをみて紹介させていただきたいと思います。

    長々と、耐えて(笑)最後まで拝見して頂きましてありがとうございました。

    作業小屋の前の写真で、木材チップを敷いた写真ですが、その中で使った資材で「番線と先端が丸くなった1.5mほどの鉄の棒」を書いたと思いますが。それの使った手法は…

    丸太の長さがある程度にそろえた現場ですが、それらの丸太は全部打ち込んであるわけではありません。土留めとして板が設置してありますが、その板を支えているのは、何本かある中で長い距離の方は4本、短い距離の方は3本をそれぞれ等間隔で打ち込んであります。

    なおかつ、それらの丸太のクイの間にはあらかじめ切りそろえて板と番線で固縛してあるのを置いてあるだけです。支えとなっている4本と3本は田んぼ側から鉄の棒が起き上がらないように逆向きに斜めに打ち込んでから、番線で鉄の棒と4本と3本のそれぞれをがちがちに引っ張る形で固定させてあります。

    板の方は。最初に4本と3本それぞれと番線で固縛してあるので、板は、溝側へ倒れる事は全くありません。あとは、全体的に見た外観が良いように、下の方は土ですが転圧機で転圧をかけ、木材チップは道路よりも少し高い位置くらいまで敷いてあり、そこでも転圧機で転圧をかけてあります。

    更には、木材は最初からは若干長さがそろっていないので、全行程の作業が終ってから、写真のようにチェンソーで長さがそろうようにカットしました。

    ただ、木材チップは年月が過ぎると若干でも沈んでくるので都度木材チップを粉砕機で作って、再度敷きます。沈むのが落ち着くまではこの繰り返しですね。これは、建物側の方も同じ方法で施工しています。

    どちら側も土留めに丸太を使ったのは、板やコンクリートでやってしまえば施行時間は要して完成までは遅いと思いますが、頑丈です。
    ですが、それでは芸がありません。木材でやれば重労働になりますが、出来上がりには風情があるし、木材を使っていることで環境にも良いと思っています。今、何も使わずにこの鶏小屋の倉庫の中に眠っているのでそれを使う事は経済的だと思います。

    あっ…それと、施工する前に最初に材料に板を含め丸太全部に念の為に防腐剤を塗ってあります。これがまた、1本1本塗らないといけないので辛気臭いのです(笑)でも、ちゃんとした出来上がりを想像すると手は抜けませんね(笑)

    今回のキャンペーンとはちょっと畑違いの内容ですが、今回のキャンペーンではリフォームも兼ねていることからご参考にまでと思い投稿させていただきました。

    【当店からひとこと】
    丁寧なご説明、ありがとうございます!渡辺様の人となりも見えてみんなでクスっと笑ってしまいました♬
    前回に引き続きアイディアや工夫など素晴らしいです!
    作業小屋への施工もバッチリで、しっかり施工してくださったのが見て取れます!

    渡辺様のもうひとつの事例はこちらです。
    前回の事例はこちらです。
  • 農地の防草シート施工事例(畑)[コンテスト応募作品]

    雑草対策コンテスト「11月優秀賞」受賞作品

    【山本幸吉様からのコメント】
    水田の区画整理で大きくしたため(5000平方メートル)、あぜの草刈りが大変でした(法面で2m)。
    農業共済新聞で当社のシートを知りました。
    使用しなくなったジャンボパイプ(19mm)をまっすぐ伸ばし、両側をパッカーで900mmの間隔で閉じ、50cmの鉄筋で土中に刺して押さえました。

    春先、水田の水を入れる前に両側をメロンに使用する消毒機で除草剤を散布しました。
    そのおかげで両側にはほとんど草は生えません。

    今では法面に足を滑らすこともなく大変楽になりました。

    これも草なしシートのおかげです。
    今年で3年目になりますが、自然に破れた場所は一か所もありません。
    鉄パイプもシートで巻き込むので長持ちすると思います。草は一本も生えません。

    【当店からひとこと】
    アイディアの光る施工、そして広い面積への施工大変お疲れさまでした!
    美しく使い勝手の良い水田になりましたね♬
  • 宅地の防草シート施工事例(通路)[コンテスト応募作品]

    雑草対策コンテスト「お庭部門グランプリ」受賞作品

    【まるお君の父です様からのコメント】
    砂利下専用草なしシート(強力タイプ)を、家の裏側全面と家の蔵の通路にに使用しました。
    青色砕石を多めに敷き詰めました。青色砕石の上を週に3回位、意識的に歩き回ると、雑草は生えにくくなるようです。
    健康と運動を兼ねて意識的にウロウロしています。
    以前は除草剤や草刈り機が必要でしたが、改めて除草剤を購入することもなく、難儀な草取り作業から解放されました。

    【当店からひとこと】
    まるお君の父です様は、いろんな場所に施工してくださいました!
    他の事例は別のページで紹介しております。

    家庭菜園の畑
    参道
    お庭
    土手

    たくさんの場所に施工してくださり、本当にお疲れ様でした!
    まるお君の父です様のお家の雑草を防げて私たちもとても嬉しいです!

    和風の白い家の壁に青い砕石が映えます。
    家の裏側まで素敵で、歩くのが楽しみになりますね!
  • 宅地の防草シート施工事例(お庭)[コンテスト応募作品]

    雑草対策コンテスト「お庭部門グランプリ」受賞作品

    【まるお君の父です様からのコメント】
    価格はちょっと高めですが、砂利下専用草なしシート(強力タイプ)を愛用しています。
    雑草の根っこがシートに張り付きにくく、草が生えにくいです。
    小砂利を多めに敷き詰めることで、雑草が生えても小砂利を足で動かすだけで、雑草はなくなります。
    以前、妻が草取りのやりすぎで、腱鞘炎になってしまいました。
    砂利下専用草なしシート(強力タイプ)は防草効果が高いので、除草作業はほぼ皆無となり、妻から感謝されました。
    砂利下専用草なしシート(強力タイプ)を、前庭の飛び石(川の広がりをイメージ)に使用しました。
    飛び石部分の張り方は、コツが必要でした。
    石の沈み込みを勘案しながら土を掘り、シートをややたごませながら張るとうまくできました。
    飛び石の周辺も後から砂利下専用草なしシート(強力タイプ)を使用し、小砂利を多めに敷き詰めました。
    小さめの雑草は生えますが、毎朝、庭を眺めている時に、素手でぽろっとすぐ取れます。
    力ずくで一途な草取りから解放されました。

    【当店からひとこと】
    まるお君の父です様は、いろんな場所に施工してくださいました!
    他の事例は別のページで紹介しております。

    通路
    土手
    家庭菜園の畑
    参道

    奥様にもよろこんでいただけたようで、私たちもとても嬉しいです!
    良い意味で防草シートが目立たず、景観の良い素敵なお庭ですね。
    砂利の色も良いアクセントになっています!
  • その他の防草シート施工事例(参道)[コンテスト応募作品]

    雑草対策コンテスト「お庭部門グランプリ」受賞作品

    【まるお君の父です様からのコメント】
    砂利下専用草なしシート(ノーマルタイプ)を使用、小砂利を敷き詰め、氏神様の参道を整備しました。
    雑草が出てもすぐ抜けるので、防草効果はバッチリです。
    いつもきれいな参道なので、地域の人から不思議がられました。
    その後、植木が虫の食害や経年劣化で枯れ始めたため、植木を撤去しました。
    今度は、砂利下専用草なしシート(強力タイプ)を使用し、地先ブロックで、のり面を青色砕石、参道は小砂利で施工しました。
    強力タイプは、スギナも抑えます。いつも地域の人から褒められています。

    【当店からひとこと】
    まるお君の父です様は、いろんな場所に施工してくださいました!
    他の事例は別のページで紹介しております。

    お庭
    通路
    土手
    家庭菜園の畑

    施工前の写真と比べると、参道が美しく見違えりました!
    敷いた砂利で景観も良く、氏神様もきっと喜んでいます!
  • 農地の防草シート施工事例(畑)[コンテスト応募作品]
    【まるお君の父です様からのコメント】
    家の前には、家庭菜園があります。畑の周囲や畝の周りに敷いています。
    雨が降ってもぬかりません。なんと!スリッパのままで収穫できます。
    来年、その写真を送らさせていただきます。
    とことん草なしシートのような材質はホームセンターで買えません。
    計画的にDIYを実施し、必要に応じて購入しています。
    この商品のリピーターの一人です。

    【当店からひとこと】
    まるお君の父です様は、いろんな場所に施工してくださいました!
    他の事例は別のページで紹介しております。

    参道
    お庭
    通路
    土手

    スリッパのままでも収穫ができるとことん草なしシート。
    それに気づいてくださり、家庭菜園もはかどっていることと思います!
    ワンちゃんも笑顔に見えます♬

  • 宅地の防草シート施工事例(土手)[コンテスト応募作品]
    【まるお君の父です様からのコメント】
    とことん草なしシートを使用して10年近くなりました。
    我が家の裏側にある、道路ののり面に施工しました。
    シートの劣化は思ったより少なく、大変丈夫で長持ち、景観にマッチします。
    雑草をしっかり押させ、春にはのり面に芝桜が咲きます。
    とことん草なしシート上には、苔が生え、我が家(和風)や周囲に趣を与えてくれます。

    【当店からひとこと】
    まるお君の父です様は、いろんな場所に施工してくださいました!
    他の事例は別のページで紹介しております。

    家庭菜園の畑
    参道
    お庭
    通路

    雑草をしっかり対策し、苔や芝桜の生える素敵な法面となり私たちも嬉しい限りです♪
  • 宅地の防草シート施工事例(お庭)[コンテスト応募作品]
    【さくら様からのコメント】
    ■らくやのう防草シートと人工芝による雑草対策

    縁側のたたき一片を基準にして、残り三辺を敷石で囲い、らくやのう防草シートで深さ4cmの箱を作り、その中に人工芝を置くという感じで施工しました。

    【施工工程】

    1.実際に敷く長さより、少し長めに防草シートをカット(拙宅前の道路でやっちゃいました)
    2.柿の木の根に合わせて紙を切り貼りして根の紙型を作る
    3.紙型を防草シートに合わせて油性マーカで根の形を書いてから切り抜き
    4.縁台のたたき縦面に接着するため5cm谷折りでクセを付ける
    5.笠木ブロックで敷いた防草シートにたるみが出来ないよう要所要所を押さえる
    6.敷石三面も敷石縦面に5cm谷折りでクセを付ける(こちらは接着せず)
    7.縁台たたき縦面に防草シート折り返し部分を専用ボンドで接着し笠木ブロックで押さえる
    8.梅の木と置石の囲い部分の切り抜きによる継ぎ目補強
    9.要所要所に付属のくぎを打ち込み、付属の角テープ(粘着力が凄過ぎる)でカバー
    10.四隅の角折り返し加工
    11.縁台たたき面、敷石面から上にはみ出した防草シートの余剰分をカット
    12.一人でよくやったもんだ、やればできるもんだと暫くのあいだ眺めて完了

    防草シートに印を付けるのは、黄色の油性マーカがはっきりして良かったです。
    防草シートを切るのは、下に木板を置き、上から金尺をガイドとして当ててカッターで上手く切れます。
    らくやのう防草シートは厚みもあり、また、変なクセが付いておらず、とても上手くカットできて敷くことができました。

    【施工1年8ヶ月後にいただいたコメント】

    貴社の防草シートを利用して庭半分の雑草対策(シート+人工芝)をいたしました。
    振り返ると実に早いもので1年8ヶ月が経過しました。
    おかけさまで雑草対策万全、 昨年と今年とも全く草取りをせずに過ごせました。
    縁側たたきと縁石を枠として、貴社の推奨方法の防草シート接着したからでしょう。


    【当店からひとこと】
    とてもわかりやすい「我が家の雑草対策レポート」も別途お送りいただきありがとうございます!
    さくら様の雑草対策レポート(PDF)はこちら 下地の処理からとても丁寧に、完璧にしてくださいました!
    ワンちゃんのさくらちゃんも嬉しそうです…♬


    施工1年8ヶ月後の事例写真をお送りいただき有難うございます。
    縁石ぎわからの雑草が1本もなく、とっても綺麗ですね。
    丁寧に施工いただいたからこその今だと思います。
    草取りの手間がなくなってほんと良かったです。

    さくら様は、他の場所にも防草シートを敷いてくださいました。
    通路など他の事例はこちら
  • 太陽光発電施設の防草シート施工事例[コンテスト応募作品]
    【sg様からのコメント】
    素人で、はじめてで、1人でも出来ました!
    業者に頼まずに自分でできたので大満足です。

    【当店からひとこと】
    この広い太陽光発電施設に、お一人で施工したとのことで驚きでした!
    ピッチリ綺麗に完成していて素晴らしいです!
  • 農地の防草シート施工事例(土手)[コンテスト応募作品]
    【牟礼活動組織 代表松田光司様からのコメント】
    田んぼの法面への施工。
    環境への影響を考えて分解するシートを選びました。
    2020年3月に定植、10月の状況です。
    グランドカバープランツはタイムです。
    5月にはピンクの花が咲きます。

    【当店からひとこと】
    順調に花が育っていて、かつ雑草も防げていて安心ですね!
    5月に咲くピンクのお花が私たちも楽しみです♪
  • 農地の防草シート施工事例(土手)[コンテスト応募作品]
    【六四喜の郷様からのコメント】
    毎年施工箇所を変えて実施しています。
    草刈の手間が省けみんな「らくやのう」と絶賛です。
    この場所はは傾斜がきつく水路に落ちないよう大変でした。
    周辺住宅団地からも景観的に綺麗と好評で今後も継続していきます。

    【当店からひとこと】
    確かにお写真を見る限り傾斜がきつく、大変な施工だったと思います。
    ですがとても丁寧に施工してくれたのが見て取れます!
    「らくやのう」と言って絶賛いただけるのは嬉しいの一言です♪
    これからも、六四喜の郷様の綺麗な施工が楽しみにしております!
  • 農地の防草シート施工事例(ビニールハウス)[コンテスト応募作品]
    【KURO様からのコメント】
    以前、畑にビニールハウスを立てていた跡地の除草に疲弊していましたが、らくやのう さんを知り早速に手配しましたが、25mx12mと面積が意外と広く、また、西風が強く吹くところなのでどうしたら飛ばされないかと考えた挙句、以前使っていたハウスの部材でビニールを止めるビニペットというレールがあることを思い出し西側の端に25m埋め込みシートの端を固定してみました。
    あれから4年以上たちますが強い西風にもびくともせずこの状態で今に至っていので大変満足しています。

    【当店からひとこと】
    素晴らしいアイディアで目からウロコでした!
    ビニペットという商品は初めてお聞きしましたが、4年耐久でこの綺麗さを見る限り施工は大成功ですね!
決済方法
決済方法sp
株式会社白崎コーポレーション
〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23
[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL : 0778-62-2545

FAX : 0778-42-5245