電話でのお問い合わせ

0570-017-410

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

防草シートの敷き方

基本編

応用編

種類別シートの敷き方・資材の使い方

施敷完成事例

基本編

防草シートの効果は、防草シートを敷く際の丁寧さに左右されます。

こう言われると、自分で敷くのをためらってしまいがちですが、 敷き方のポイントをしっかり押さえておけば専門業者さんにお願いしなくても、自分できちんと敷くことが出来ます。本ページでは、防草シート全般に当てはまる基本的な流れを簡単に説明しておりますので、 是非参考にしてください。
なお、お届けする防草シートには施工マニュアルが付いておりますのでご安心ください。

※2月1日より標準ピンがU型ピン(中)に変わり、シート中央部のピン打設間隔が200cm→100cmに変更になりました。動画の内容と異なりますのでご注意ください。

根元まできれいに草を刈り、刈り払った草は集めて処分して
地面の凸凹を整地します。

  • 草刈りの様子
  • 整地後
  • 切り株など尖ったものを完全に除去

    木質化した雑草の尖った切り株が残っていると、防草シート設置の際にシートが破れる事があります。きれいに除去してください。

  • 平らに整地

    地面の凸凹が激しいときは、スコップなどで平らに整地してください。そのまま防草シートを敷くと、シートにしわが入りそこに砂埃がたまりやすく雑草発生の元になります。

  • 除草をしっかりと

    除草をしないでシートを敷くと、シートにシワが入って、砂埃がたまりやすくなります。

防草シートを地面に置き、
少しずつ引っ張りながら転がして広げていきます。

  • 防草シート設置の様子
  • 防草シート重ね10㎝以上
  • 転がしながら

    防草シートは、表面が上に出るように巻き取り梱包されていますので、裏表気にすることなく地面に置いて転がしながら敷いて下さい。

  • 少しずつ広げて

    防草シートは少しずつ広げながら敷いていきます。一度にたくさん広げすぎると風にあおられて敷きにくい場合があります。

  • シートの重なる部分は十分に

    防草シートと防草シートの重ねは10cm以上設けてください。重ねが狭すぎると雑草が出てくる原因となります。

防草シートが風で飛ばされないようしっかり固定します。

  • 止めピン位置マーキング
  • 止めピン打設の様子
  • 位置をマーキング

    メジャーをあててあらかじめチョークなどで止めピン位置をマーキングしておくと作業が早いです。下図の止めピン打設位置図を目安にマーキングしてください。

    【1m×25m規格の場合】

    1×25mピン打設位置

    【2m×25m規格の場合】

    2×25mピン打設位置

    ※とことん草なしシートには、50㎝間隔で黒または白色の印加工があります。印を目安にして作業いただくとメジャーが不要でスムーズに作業できます。

    ※砂利下専用草なしシート、場所に特化した防草シートは打設位置図が異なりますので、商品ごとの敷き方をご確認ください。

  • 方向を変えて障害物を避ける

    下に石ころなどがあってピンが刺さらないときは、少し抜いて方向を変えると刺さる場合があります。

    ⇒ピンが刺さらない時の対処法

  • 止めピンの数を減らさない

    止めピンの本数は減らさないでください。減らしすぎると、固定する間隔が広くなり、シート端部から生える雑草がシートを持ち上げ、その隙間から風が入り込みシートがめくれる原因となります。

    ⇒ピンの数を減らすとどうなる?

  • 打ち損じはシールで補修

    ピンの打ち場所を変更するときは、打ち損じたピン穴部にピンシールを貼っていただくと、雑草の発生を予防できます。

  •        
キャンペーンページへ サンプル請求ページへ
防草シートの敷き方 応用編

防草効果がアップ!予防補修資材の併用で後々の管理が驚くほど楽に!

基本フローに予防補修資材を使用した応用フローを実施していただくと、
防草効果がアップし維持管理手間をさらに削減できます。
お住まいから遠い土地や、別荘など普段なかなか手を掛けれない場合の雑草対策には断然お勧めです。

止めピン穴を隠すようにピンシールを貼り付け、
隙間の無いようしっかり圧着します。

  • ピンシール貼り付けの様子
  • ピンシール貼り付け後の圧着
  • 砂埃をしっかり取り除く

    ピンシールを貼り付ける部分の砂埃は、しっかり取り除いてください。砂埃が付着していると接着力が落ち剥がれの原因となります。

  • 濡れていると接着力が低下

    防草シートが濡れていると接着力が落ちますので乾いてから作業してください。

  • 浮きがないようしっかり圧着

    ピンシールに浮いた箇所が無いよう隙間なくしっかりと圧着してください。

粘着テープを裁断し、切り込み部に貼り付け、
隙間の無いようしっかり圧着します。

  • 切込み部からの雑草対策
  • 砂埃をしっかり取り除く

    粘着テープを貼り付ける部分の砂埃は、しっかり取り除いてください。砂埃が付着していると接着力が落ち剥がれの原因となります。

  • 濡れていると接着力が低下

    防草シートが濡れていると接着力が落ちますので乾いてから作業してください。

  • 浮きがないようしっかり圧着

    粘着テープに浮いた箇所が無いよう隙間なくしっかりと圧着してください。

シート重ね部に粘着テープ、または接着剤を
貼り付け、隙間の無いようしっかり圧着します。

  • 重ね部への粘着テープ貼り付けの様子
  • 砂埃をしっかり取り除く

    粘着テープまたは接着剤を貼り付ける部分の砂埃は、しっかり取り除いてください。砂埃が付着していると接着力が落ち剥がれの原因となります。

  • 濡れていると接着力が低下

    防草シートが濡れていると接着力が落ちますので乾いてから作業してください。

  • 浮きがないようしっかり圧着

    粘着テープまたは接着剤貼り付け部分に浮いた箇所が無いよう隙間なくしっかりと圧着してください。

防草シートを構造物に被せて接着し、
隙間を無くします。

  • 構造物に防草シートを接着させている様子
  • アスファルト専用固定ピンを打設している様子
  • 接着剤と特殊ピンの併用でより防草効果を高める

    防草シートは、あらかじめ接着剤で構造物に貼り付けておきます。その後で専用の特殊止めピンで固定していただくと防草効果・固定力がアップします。

  • 構造物の種類によって、固定する特殊止めピンを選択してください

    ・道路や駐車場などのアスファルトには、「アスファルト専用固定ピン」を選択。
    ・縁石などのコンクリートには、「コンクリート専用固定ピン」を選択。
    ・水路などのU字溝には、「U字溝専用止めピン」を選択。

  • 大面積専用草なしシートにはポリプロピレンシート用接着テープ!

    大面積専用草なしシートのようなポリプロピレン素材の防草シートをご利用の場合は、構造物の種類に関わらず「ポリプロピレンシート用接着テープ」をご利用ください。

キャンペーンページへ サンプル請求ページへ

商品ごとの防草シートの敷き方

  • とことん草なしシートの敷き方
  • とことん防草シートライトの敷き方
  • 砂利下専用草なしシートの敷き方
  • 日本製大面積専用草なしシートの敷き方
  • らくらく草なしシートの敷き方
  • 土にかえる植栽専用草なしシートの敷き方

特定の場所に特化した防草シート

  • 駐車場専用草なしシートの敷き方
  • アース機能付き電気柵専用防草シートの敷き方
  • お墓専用草なしシートの敷き方

併用することで防草効果アップ!景観向上にお花もどうぞ!

  • 予防補修資材の使い方
  • 特殊止めピンの使い方
  • 花苗の植え方
キャンペーンページへ サンプル請求ページへ

防草シートの施敷完成事例

お庭

宅地専用草なしシートの完成事例
宅地専用草なしシートの完成事例
宅地専用草なしシートを植え込みやフェンス、マンホール等障害物がたくさんあるお庭に敷かれた事例です。基本フローに予防補修資材を使用した応用フローまで実施しています。
砂利下専用草なしシートの完成事例
施工後5年経過した砂利下専用草なしシート
砂利下専用草なしシートの完成事例
砂利下専用草なしシートを敷いた後、砂利をのせた事例です。写真では分かりませんが、基本フローに予防補修資材を使用した応用フローまで実施されていますが、砂利の層には飛んでくる雑草の種が発芽し、生育しますので定期的にメンテナンスが必要です。

農地

らくらく草なしシートの完成事例
らくらく草なしシートの完成事例
らくらく草なしシートを敷かれた事例です。基本フローまで実施されています。予防補修資材は使用されていないので、止めピンの穴や防草シート端部から雑草が出てくる場合があります。

太陽光発電施設

とことん草なしシートの完成事例
とことん草なしシートの完成事例
とことん草なしシートを太陽光発電施設内に敷かれた事例です。頻繁に行けない遠方の施設なので、基本フローに予防補修資材を使用した応用フローまで実施し、出来るだけメンテナンスの手間がかからないようにされています。

事業所敷地

砂利下専用草なしシートの完成事例
砂利下専用草なしシートの完成事例
砂利下専用草なしシートを敷いた後、砂利をのせた事例です。写真では分かりませんが、基本フローに予防補修資材を使用した応用フローまで実施されていますが、砂利の層には飛んでくる雑草の種が発芽し、生育しますので定期的にメンテナンスが必要です。
キャンペーンページへ サンプル請求ページへ

防草シートに関する事は、お気軽にお問い合わせください。

フォームからのお問い合わせ

TEL:0120-717-410 受付時間/平日9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

TEL:0120-717-410 受付時間/平日9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

私たちがお答えします!
株式会社白崎コーポレーション
〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23
[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL : 0570-017-410

FAX : 0778-42-5245

Amazonアカウントでお支払いができます