電話でのお問い合わせ

0570-017-410

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

> >

雑草対策の豆知識

防草シートの遮光率について

防草シートは、日光を遮断することで雑草の光合成を抑制し、雑草を絶やしていくものです。

なので、防草シートの遮光率は非常に重要です。

 

ネットショップやホームセンターなどでも「高い遮光率で、優れた防草効果!」などと書かれているのを見かけますが、遮光率がどのくらい必要かご存知ですか?

 

雑草の生育を抑えられる防草シートの遮光率

遮光率のグラフ

雑草が現状を維持するか、成長する条件は、
  雑草が消費するエネルギー ≦ 光合成で作られるエネルギー

雑草が体内の栄養分を消費し、衰退する条件は、
  雑草が消費するエネルギー > 光合成で作られるエネルギー

 

 

  この境目となる条件を光合成や消費に必要なCO2の量、光の強さでグラフに表すと、上の表のようになります。

境が、光補償点。防草シートは、この光補償点以下になるような遮光率を備える必要があります。

 

雑草の成長に必要な光の強さは、日陰の植物と日なたの植物によって違いますが、雑草でお困りの 場所は日なたで、日なたの雑草が強くて大きく、管理が大変と考えております。

 

日なたの植物の平均的な光補償点は500ルクスで、それ以上光が通ってしまうとシートの下で雑草が育ってしまいます。最も光の強い時期は、夏場の快晴の時で10万ルクス。

 

ということで、99.5%以上の遮光率が必要なんです。

そのため、当店の防草シートは、遮光率が、99.5%以上の基準で製造しております。
(※土にかえる植栽専用草なしシートに関してのみ、遮光率は95%です。)

 


遮光率の高い防草シートはどんな感じ?

遮光率は、防草シートの構造とその厚みによって違いが出てきます。

織布の場合は、フィルム状の繊維を縦糸・横糸として織られたものが一般的ですが、そのフィルムの厚みが厚い防草シートは光を通しにくいです。

また、フィルムの色が黒色の場合は遮光率が高く、光を通しにくいです。反対に、フィルムの厚みが薄く、色が薄い防草シートは遮光率が低く、光を通しやすいです。

その他、織密度(織り目の細かさ)によっても遮光率は変わってきます。織り目が細かければ光を通しにくいです。

 

写真左は、織り目の細かい防草シート。写真右は織り目の粗い防草シート

織り目の細かい織布織り目の粗い織布

 


 

また、不織布の場合は、その密度・厚みで光の通りやすさが変わります。

密度が高く、厚みの厚い防草シートほど遮光率は高く、光を通しにくいです。

そのため、当店の織布系防草シートは、黒色で分厚いフィルム状の繊維を、細かい目になるよう織っています。

一方、不織布系の防草シートは、密度が高く遮光率99.5%以上になる厚みで製造しています。

遮光率の違いを比較しました!

防草シートを太陽の光に透かして遮光率の違いを比較しています。
1分43秒ぐらいから防草シートの遮光率について説明しています。是非ご覧ください。

 

 

雑草対策の豆知識一覧

私たちがお答えします!
株式会社白崎コーポレーション
〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23
[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL : 0570-017-410

FAX : 0778-42-5245

Amazonアカウントでお支払いができます