電話でのお問い合わせ

0570-017-410

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

> >

雑草対策の豆知識

防草シートの固定に「重し」を使った時の 落とし穴

防草シートの固定に「ピン」ではなく「重し」を使おう!とお考えの方、ご注意ください!

防草シートを貼った上に、砂利や人工芝などを敷かない場合、「固定ピン」の代わりに「重し」を使うと、思ってもみなかったことが起きるんですよ。

防草シートの固定に「ピン」ではなく、「重し」を使っている事例をもとに詳しくご説明いたします。

後々驚かないよう、そして後悔する事のないよう、予め知っておいた上で、「重し」にするか「固定ピン」にするかを決めてくださいね。

 

防草シート上に「重し」を置いた後の現場の移り変わり

防草シートの上に「重し」をのせる

砂ぼこりが風にのって飛んでくる

「重し」の周囲に砂ぼこりが堆積していく

堆積物に雑草の種が飛んでくる

雑草の種が発芽し、防草シート表面で草が生える

 

重しを置いた現場の様子(全景)

重しを置いた現場の様子(全景)

重重しのキワで生える雑草(拡大)

重しのキワで生える雑草

 

 

この事例のように防草シート表面で雑草が生えるんです!

そして、その雑草を放置すればするほど大きく成長していきます。梅雨時期や夏場なら、成長スピードの速さに驚くと思います。

大きくなった雑草を抜くのには手間がかかり、抜き取った雑草の処分もしなければいけません。

抜き取った雑草を防草シートの上に放置しようものなら、またそこに砂ぼこりが堆積し再び雑草が生えてきます。

メンテナンスの大変さ、想像できたでしょうか。

 

でも、固定ピンを使用した場合も同じじゃない?固定ピンで開いた穴から雑草が出るよね?

と思われるかもしれませんが、ピン穴から出てくる雑草は、「ピンシール」を併用すれば防ぐことができます。

「ピンシール」でピン穴を覆ってしまえば雑草は出てきません。

⇒ピン穴からの雑草対策「ピンシール」について詳しくはこちら

 

 

【まとめ】

「重し」の周囲に堆積する砂埃に生える雑草は、堆積物を除去するしか防ぎようがありません。そしてその堆積物はまたすぐに溜まり、繰り返しの作業になります。防草シートの固定には、「重し」ではなく「ピン」が断然オススメ!
「ピン」を使用した方が、後々のメンテナンスが断然ラクになります!

 

[補足]

土中に大きな岩が埋もれていてピンが刺さらない場合に、部分的に「重し」を使用される程度ならOKです!

固定ピンをメインに使用していただく事が前提ですが、部分的に「重し」を使用されるのであれば、メンテナンスも少なくて済みますからね。

 

 

 

雑草対策の豆知識一覧

私たちがお答えします!
株式会社白崎コーポレーション
〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23
[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL : 0570-017-410

FAX : 0778-42-5245

Amazonアカウントでお支払いができます