電話でのお問い合わせ

0570-017-410

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

> >

とことん防草シートライトの貼り方

1.草むしり

1.草むしり

根元まできれいに刈り取ります。

※尖った石や雑草の硬い茎などの突起物があると、シート破れの原因になりますので除去してください。

※地面の凹凸が激しい時は、シートにシワが入りやすく、砂埃が溜まりやすくなるので平らに整地してください。

1.草むしり

1.草むしり

根元まできれいに刈り取ります。

※尖った石や雑草の硬い茎などの突起物があると、シート破れの原因になりますので除去してください。

※地面の凹凸が激しい時は、シートにシワが入りやすく、砂埃が溜まりやすくなるので平らに整地してください。

2.シート設置

2.シート設置

シートがだぶつかないよう、引っ張りながら広げます。

※シートは地面に置いて転がしていただくと、表面が出るように設置できます。

※一度にたくさん広げると、風でめくれて作業しにくくなる場合があります。様子を見ながら少しずつ広げてください。

※構造物のきわを接着剤で処理する場合や、砂利などを防草シートの上に敷く場合は、シートを10cm程度立ち上げて貼ってください。

※シートの重ね合わせは10㎝以上設けてください。

※植え込みや障害物があるときはチョークなどで位置出しをしてハサミで切り込みを入れるとずれ難いです。(切込みや重ね部には、粘着テープがお勧めです)

2.シート設置

2.シート設置

シートがだぶつかないよう、引っ張りながら広げます。

※シートは地面に置いて転がしていただくと、表面が出るように設置できます。

※一度にたくさん広げると、風でめくれて作業しにくくなる場合があります。様子を見ながら少しずつ広げてください。

※構造物のきわを接着剤で処理する場合や、砂利などを防草シートの上に敷く場合は、シートを10cm程度立ち上げて貼ってください。

※シートの重ね合わせは10㎝以上設けてください。

※植え込みや障害物があるときはチョークなどで位置出しをしてハサミで切り込みを入れるとずれ難いです。(切込みや重ね部には、粘着テープがお勧めです)

 

3.ピン打設

3.ピン打設

風や雑草の持ち上げでめくれないように、止めピンでしっかり固定していきます。

※シート端部とシートの重ね部は50cm間隔、シート中央部は100cm間隔で固定してください。シートには縦横50cm間隔で白色の印加工を施しています。ピン打設時の目安にしてください。

※通常はU型ピン(中)、ピンの効きが悪い柔らかい地面にはより長いU型ピン(大)、ピンが刺さりにくい硬い地面にはより太いL型ピン(大)をご利用ください。

【打設間隔の目安】

 ●2m幅の場合

止めピン打設位置図_2×25

●1m幅の場合

止めピン打設位置図_1×25

3.ピン打設

3.ピン打設

風や雑草の持ち上げでめくれないように、止めピンでしっかり固定していきます。

※シート端部、シートの重ね部は50㎝間隔、シート中央部は100cm間隔で固定してください。シートには縦横50cm間隔で白色の印加工を施しています。ピン打設時の目安にしてください。

※通常はU型ピン(中)、ピンの効きが悪い柔らかい地面にはより長いU型ピン(大)、ピンが刺さらない硬い地面にはより太いL型ピン(大)をご利用ください。

【打設間隔の目安】

 ●2m幅の場合

止めピン打設位置図_2×25

●1m幅の場合

止めピン打設位置図_1×25

 

4.完成

4.完成

長持ちの秘訣

※固定ピンの穴やシート端部、障害物のキワから雑草が出る場合がありますので、定期的にメンテナンスをお願いします。 また、シートの上に土が堆積すると、そこで雑草が生育する場合がありますので堆積物は除去してください。 ちょっとした管理によって効果が長持ちします。

ピン穴から発生する雑草対策にはピンシール、コンクリート構造物等のキワには専用接着剤がおすすめです。

※後々防草シートの上に砂利を敷く場合は、砂利の厚みを5㎝以上入れると防草シートが見えなくなります。(砂利の粒径によってはシートが見えますので、厚みを変更してください。)

4.完成

4.完成

長持ちの秘訣

※固定ピンの穴やシート端部、障害物のキワから雑草が出る場合がありますので、定期的にメンテナンスをお願いします。 また、シートの上に土が堆積すると、そこで雑草が生育する場合がありますので堆積物は除去してください。 ちょっとした管理によって効果が長持ちします。

ピン穴から発生する雑草対策にはピンシール、コンクリート構造物等のキワには専用接着剤がおすすめです。

※後々防草シートの上に砂利を敷く場合は、砂利の厚みを5㎝以上入れると防草シートが見えなくなります。(砂利の粒径によってはシートが見えますので、厚みを変更してください。)

お届けする防草シートには、誰でも貼れるよう商品別の詳しい施工マニュアルを付けておりますのでご安心ください。

 

<!注意>

※防草シート上への車の乗り入れは、シートが破れたり、めくれの原因となりますのでご遠慮ください。

※防草シートが溶けますので、タバコを落としたり、付近での野焼きはしないでください。

※雨天時など、防草シートが濡れている場合は、滑りやすいのでご注意ください。

 

 

商品ごとの防草シートの敷き方

  • とことん草なしシート
  • とことん防草シートライト
  • 砂利下専用草なしシート
  • 日本製大面積専用草なしシート
  • らくらく草なしシート
  • 土にかえる植栽専用草なしシート

特定の場所に特化した防草シート

  • 駐車場
  • アース機能付き電気柵
  • お墓

併用することで防草効果アップ!景観向上にお花もどうぞ!

私たちがお答えします!
株式会社白崎コーポレーション
〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23
[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL : 0570-017-410

FAX : 0778-42-5245