電話でのお問い合わせ

0570-017-410

受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日は除く)

メールでお問い合わせ

>

スタッフブログ

2017年11月17日

『らくやのうプロ』植物が生育旺盛な花壇の防草事例!

こんにちは!

らくやのうの吉尾です。

 

 

いや~最近寒くなってきましたね!

皆さま風邪などは引いておられませんか?

 

 

当県福井では週末にチラッと雪の予報が見られましたが翌日には雨マークに変貌☔

正直変わってくれてホッとしました?

なんたって車大国ですからスノータイヤの準備が必須なんです・・・!

まぁ急に天気が変わったりもするので早めに準備するようにがんばりまっす✋

 

 

 

さて!久しぶりに施工事例のご紹介です!

使った資材は今回は春先にもお届けしました「雑草を抑える土 抑草土」です!

 

 

今回の施工場所はお店の花壇。

既にハイビャクシンが地面を覆い尽くしています。

ハイビャクシン

ハイビャクシンというのはヒノキ科の常緑針葉樹です。

ビャクシンが上方へ伸びるのに対し、ハイビャクシンは枝葉が地を這うように育ちます。

大きくなると緑のカーペットのようになるんです!

 

写真は現場のハイビャクシンなのですが、このようにしっかり育っているとシートを入れることができません。

でも雑草対策をしたい・・・!ということで、抑草土を提案したという経緯になります。

 

 

では施工の様子をお伝えしますね!

 

 

◇◆目次◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

①施工現場の様子

場所は駐車場横の花壇です。

 

 

先ほど述べましたハイビャクシンはもちろん、雑草もスクスクと・・・

花壇の中が大混雑状態です?

 

施工前①

施工前②

 

ちなみに2枚目の花壇に生えているのは全て雑草です?

お店ですのでもちろんここもお客様の目に触れる場所・・・気になりますよね><

 

 

では施工を行っていきましょう!

 

 

 

②前処理

抑草土は完全に雑草を抑えることが出来る資材ではありません。

ですので撒く前にしっかりと雑草の処理を行うことによって、より雑草を抑えやすくなります。

 

雑草除去

 

ご集まれば結構もっさり・・・

遠目に見ると分かりづらかったですが、こんなにも育てたい・見せたい植物以外のものが生えてしまっていたのですね~?

 

 

雑草を取り除くだけでなく、雑草の根っこから除草するために次は土をすき取ります。

土をすきとる①

 

土は大体2センチほどすき取りました✋

クワやスコップなどの道具を使ってひたすら土をすき取っていきます。

 

土をすきとる②

 

 

土をひたすら取ること●時間・・・

なんとこんなにも土をすき取りました!!

 

土をフレコンに詰める

 

袋がデカい・・・!!

なんとこのフレコン(フレキシブルコンテナバッグ)は1トンの重量物が入るのです。

大きいはずですよね~?

 

 

 

しかし驚くなかれ‼️すきとった土は1袋分ではないのです・・・

 

全部でこのフレコン4袋分、つまり4トン分の土をすき取ったそうです!

 

 

花壇と言えど、お店の花壇でしたので広さは60㎡ほど。

土って結構重さがあるんですね・・・!

普段こんなに沢山の土に接しないのであまりピンときませんが?

 

 

屈強ならくやのうプロといえど、さすがにこんなに重いものは持てません(笑)

土はクレーン車にて退場いただきます。

 

土をクレーンで搬出

 

無事に土を見送った所で前処理は終了!

それではいよいよ抑草土を撒いていきますよ!

 

 

 

③抑草土を撒く

 

抑草土は撒いた後でも植栽が行えるほど柔軟な資材です!

なので防草シートと打って変わって大胆に施工していきます。

 

防草土を撒く

ざばざば~~~っと撒いていっちゃいます!

 

 

抑草土をざばざばと撒いた直後の様子はこちら。

 

 

防草土を撒いた様子

 

防草土を撒いた様子③

 

防草土を撒いた様子②

 

流石は土!

サラサラとしているのでキレイに植栽の間に入り込んでいきます!

 

 

ですが面が広い所は凹凸がところどころ気になります。

そういう部分はちゃ~んとレーキで均していきます。

 

防草土をならす

 

綺麗になりました✨✨

 

 

整地された防草土

 

花壇にも防草土を撒く

 

 

花壇の奥の方にもしっかりと抑草土を撒いていき、馴染ませていきます。

 

奥の方にも防草土を撒く

 

 

最後に水を撒きます!

花壇の外にこぼれた抑草土をきれいにするのはもちろんのこと・・・

 

お掃除も忘れずに

 

抑草土を締めるために花壇にも水を撒きます!

 

水を撒いて締める

 

締めることで、風によって砂埃が舞い上がるのを防ぐことが出来ます。

 

これで施工完了です!!

 

 

 

④施工後の様子

いつも楽しみなこの時間がやってまいりました(笑)

さぁ、今回はどんな変貌を遂げたのでしょうか・・・!!?

 

\\ばばーーーーーーーん!!//

施工後の様子①

 

施工後の様子②

 

流石はプロ!!

めちゃくちゃ綺麗になっています!!!??

 

 

次にビフォーアフターで比べてみましょう!

 

施工前後②

 

施工前後①

 

この抑草土は「景観が明るくなる」ところも個人的に好きなポイントです!!

雑草がなくなったことも相まって、とても明るい場所に変身しました✨✨

 

2017年8月3日

らくやのうプロが展示会に出展しました!

こんにちは!

らくやのうの吉尾です。

 

 

ついに8月に突入しましたね!福井は先週ようやく梅雨明けしたようです!?

まぁ梅雨明け前から既に暑~~~い日々が続いていますので、ウチの子供に至っては毎日保育所でプール三昧?

見事にこんがりっと日焼けしています??‍♀️

 

 

 

さて!そんな夏の暑さにも負けないアツ~~~イ!??イベントが

7月26~28日に東京ビッグサイトで開催されました!

 

 

 

その名も「総務・人事・経理ワールド」!!

今回の開催での出展社数は約750社!そして来場者数がなんと!45000人超!

そんな大きな大きな展示会なのです!

 

 

 

この展示会に雑草対策の事例でお馴染み!弊社が出展いたしました!

私もお手伝いとして参戦してきましたよ✨

 

 

今回は展示会での様子をお届けします??

 

 

 

ブースの設営

展示会は前日のブースの設営から始まります!

私は設営のお手伝いには行けなかったのですが、会場は空調が効いておらず蒸し風呂のような暑さだったそうです♨️♨️

 

 

そんな暑さにも負けず、らくやのうプロメンバーと業者の方がブースを設営!!

 

 

まず手始めに業者の方がブースの骨組みを着々と組み上げていきます。

展示台

 

ブース設営1

 

ブース設営2

約750社が同日に一斉に設営を行うので、会場がごった返しています??

 

注目度No1の看板

当サイトでお馴染みの「らくやのうプロ」のバナー!!

ほぼ!そのままに大きな看板になりました!

ちなみにこの男性は「らくやのうプロ」のメンバーなんですよ?

 

ブース設営4

ブースの設営でどのスペースも大忙し!

梱包などが散乱してえらいこっちゃになっています・・・??

 

ブース骨組み完成!

高所の看板を設置してもらって、ブースの骨組みが完成ですっ✨

 

 

 

ここからは「らくやのうプロ」のメンバーにバトンタッチ!!

展示物やパネルを飾って仕上げていきます!

ブースに展示物を設置

実はプロのメンバーが設置しているパネルや展示物は社員の手作りなんです!!

私はカタログとパネルのデザインを担当しましたよっ??

 

 

 

パネルを飾って、カタログや商材も次々と並べたら、

床には人工芝を、壁には大きな写真を。そして照明でライトアップ。

 

 

 

そして周りをきれいにしたら、ブースが見事完成っ!

 

 

 

\\\     ///
じゃじゃ~~~~~んっ!

ブース完成!

事前に設計図でイメージはつかんでいたものの、実物を見るとすっごくいい感じ?

 

 

 

さらに展示台をアップにするとこんな感じです!

展示台では「らくやのうプロ」が実際にオススメしている様々な雑草対策・資材を紹介しています!

(※らくやのう通販で取り扱いの無い資材もございます。ご了承ください。)

 

 

①防草シートで長期・強力防草工法

↓ ↓ ↓

防草シートを使用して雑草対策を行った例と、資材を紹介しています!

よ~~く見てみると当店でお馴染みのウレタッチもありますね?

 

 

 

②緑地帯の低管理工法

↓ ↓ ↓

植栽と防草シートを組み合わせた事例を紹介しています!

防草シートを併用することで育てたい植物だけを育てることが出来て、管理がぐぐっとラクになるんです?

 

「緑地帯の低管理工法」の施工事例はこちら!

ブログ:植栽+防草シートで景観を考えた雑草対策事例!

 

 

 

③雑草を抑制する砂

↓ ↓ ↓

展示台_雑草を抑制する砂

以前「らくやのうプロ」の施工事例でも紹介しました「雑草を抑制する砂(抑草土)」と、

ココナッツ繊維100%で出来たマットを紹介しています!

 

 

「雑草を抑制する砂(抑草土)」の施工事例はこちら!

ブログ:『らくやのうプロ』から雑草対策の施工事例が届きました!

 

 

 

④景観を考えた防草工法

↓ ↓ ↓

展示台_マルチ資材

防草シートだけでは景観が気になる・・・という方にオススメ!

防草シートの上にマルチ資材を敷く事例を紹介したコーナーです。

当店で言う砂利下専用草なしシートの上に砂利やウッドチップを撒く工法になります。

 

 

 

オタフクナンテンと芝桜

入り口にはオタフクナンテンや芝桜などの株を設置!

しっかり景観美化もアピール✨立ち寄ってくださるお客様をお出迎えします?

 

 

 

ブース_横から

ブースは横から見るとこんな感じです。

 

 

 

 

いざ!展示会開幕!

26日の10:00より展示会が開幕しました!

私は当日11:00過ぎに会場に到着したのですがこれまた人の数がスゴイッッ!!

展示会の様子4

各スペースでは呼び込みの激しく、会場は常ににぎやか!!

 

 

そんな中、当社では呼び込みをあえて行わず、

ブースに足を止めてくれた来場者の方とじっくりとお話をするスタイルで挑みました。

展示会の様子1

 

展示会の様子2

 

展示会の様子3

 

展示会の様子5

展示台の商材を手にお話しされる方

中のスペースで資料を見ながらお話しされる方

 

と来場者の方のスタイルは様々でした。

 

 

 

私は補助がメインだったので来場者の方とほとんど直接お話ししていませんが、

当社社員とじ~~~っくりとお話をされる姿から

 

「雑草対策に悩んでいる」「解決したい」

 

という気持ちがひしひしと伝わってきました。

 

中にはなんと!当社を目的に足を運んでくれる来場者の方も!

 

 

 

私は普段、お客様とは電話やメールでしか接する機会がないのですが、

こうやってお悩みを持つ方を目の当たりにすると改めて身が引き締まります。

 

「もっと発信したい」

「お悩みの解決の力になりたい」

 

気持ちが一層強くなりました?

 

 

 

無事に乗り越えた3日間

「3日間って長いかな~~」と行く前はそう思っていたのですが、終わってみるととんでもない!

あっ!という間の3日間でした!!

 

 

たんまり用意していったカタログ類も撤収の時には3分の1以下に。

こんなに沢山の方に立ち寄っていただけたんだ、カタログを手に取ってもらえたんだ、と思うと感無量でした??

帰宅後の休日はぐったりでしたが、モチベーションも高まり、お手伝いに行けて本当によかったです✨✨

 

そしてブースに立ち寄ってくださった来場者の方、ありがとうございました!

 

 

番外編

休憩時間に会場内をぐるっと回ってみましたのでその様子もご紹介!

展示会の様子7

展示会の様子6

2日目の夕方だったのですがそれでも活気が凄かったです!

 

 

思わず足を止めて長居してしまったのが胡蝶蘭のブース!

白色以外の胡蝶蘭なんて初めて見ました・・・!

綺麗ですよね!

ちなみに最初から青いわけではなく、色のついた水を吸わせることでこのような色になるそうです?

 

 

他に印象に残ったのは防災関連!

特に非常食の試食が盛んでした・・・!そして種類が豊富!

最近はバウムクーヘンまでも非常食なんです。これにはびっくり!

もし備蓄するとしたらこればかり買ってしまいそうです(笑)

2017年7月14日

『らくやのうプロ』植栽+防草シートで景観を考えた雑草対策事例!

こんにちは!

防草シート専門店「らくやのう」の吉尾です。

 

 

 

お待たせいたしました!

今日も日本のどこかで当店の防草シートが使われています!
またまた雑草対策の施工事例が届きました!?

 

 

 

 

今回の施工は最近ホットな防草シートと植栽」による雑草対策の施工事例です!

しかーーも!今回は枯れた植栽を抜いて新たな苗を植え直す」というリフォームならぬリノベーションな施工となります✨

 

 

 

 

植える植物も今回初お目見えな品種ですよ!

それでは一緒に施工の様子を見ていきましょう?

 

 

美しい雑草対策のためなら全力投球

先ほども述べましたが、今回は「枯れた植栽を抜く」ところから施工スタート!!

170622_施工の様子1

 

全員で枯れてしまった植栽をひたすら抜いていきます。

ハンマーで叩いているのは根についた土を落とすためです?

 

170622_施工の様子2

 

結構な量がありますが丁寧に抜き取り、土を払っていきます。

流石はプロです?✨

 

 

ちなみに普段より鍛えられているメンバーですが、この作業だけで体力のほとんどを消費してしまったそうですよ?

 

 

 

さて!抜き取った植栽を集めるとこれだけの量になりました!

もっさり~~(笑)

170622_施工の様子3

 

 

これで終わりじゃないんです。もういっちょもっさり!(笑)

170622_施工の様子4

実はお隣の区画もあるんです(笑)

ひとまとめにした写真があいにくないのですがすごい量になりそうですね?

 

 

 

こちらは抜き終わった後の写真です。

よぉ~~く見ると、抜き終わった後に短い枝が落ちているので、できるだけ残さないよう拾い集めます。

170622_施工の様子5

 

土の上をきれいにしたら、次は植栽です!

 

 

植栽

初お目見え!

今回はオタフクナンテンという植物を植栽しますよ♪

170622_施工の様子6

 

とても元気な苗ですね!

 

オタフクナンテンは暖かくなるとさわやかな緑色に、寒くなると鮮やかな赤色になり年中楽しむことができる植物です。

色合いもその季節にピッタリな色ですよね!

実がならず、落葉もほとんどないため、管理もとっても楽な植物なんです?

 

 

 

それではまずは植栽する場所を決めます。

普通なら50cmの間隔で植栽するのですが、今回は40cm間隔で植栽していきます。

170622_施工の様子7

 

 

場所が決まったらスコップで穴掘り!

穴の深さはポット苗が収まる程度の深さで大丈夫です?

170622_施工の様子8

 

 

穴が掘れたら、緩効性肥料を投入します。

贅沢にも3錠投入しちゃいます?

170622_施工の様子9

 

そして緩効性肥料の上に、当社オリジナルの客土をいれます。

170622_施工の様子10

 

 

あとはポット苗を埋めてあげるだけ。

上から見ると、ご覧のように千鳥型の配列になるように植えていきます。

170622_施工の様子11

 

なぜ千鳥型の配列がおススメなのかはこちらをご覧くださいね✨

【豆知識】早く地面をお花でいっぱいにする方法

 

 

そして植え付けた後はた~~~~っぷりのお水をあげてください?

苗一箇所につきじょうろ1杯分のお水をあげます。

170622_施工の様子12

植え付け後一ヶ月ほどはし~~~っかりとお水をあげることが大切になります。

根付きが良くなるんですよ?

 

 

いよいよ登場!防草シート

植栽が終わりましたらいよいよシートを敷いていきます!!

防草シートも組み合わせるとコストもそうですが、植物のお手入れ(主に雑草対策)がぐぐっとラクになるんです✨

【豆知識】芝桜を楽しみながら雑草対策をした方が楽??

 

 

シートを敷くためにまず整地を行います。

凹凸がある所にシートを敷くと堆積物や飛来種子が溜まる原因になりますので念入りに・・・

また、穴を掘った時に出てきた石などがありましたら一緒に取り除きます?

170622_施工の様子14

 

 

整地が済んだら、植栽の列と列の間に防草シートを設置していきます。

170622_施工の様子15

 

ここで光るプロの技✨

防草シートに切れ目を入れて、しっかりと苗の根元を覆います!

このひと手間によって新たな雑草が生えてくるのを防ぎ、低管理化を実現するのです!

170622_施工の様子16

 

なお切り目はこんな感じです!

↓ ↓ ↓

170622_施工の様子17

 

 

 

ピンの打設位置もちゃ~~んと処理していきます!

上からピンシールを貼ることでピン穴から雑草が生えるのも防ぎます!

もちろん防草シート同士の重ねもちゃんと10㎝取っています♡

170622_施工の様子18

 

 

更に忘れちゃいけない構造物と防草シートの隙間の処理!

見落としがちなポイントなのですが、ここもちゃ~~んと処理をしないとひょっこり雑草が生えてきてしまいます。

専用の接着剤を使って構造物に防草シートを接着していきます。

170622_施工の様子20

 

 

 

これにて施工完了となります!!

枯れ木だらけの区画が、オタフクナンテンと防草シートの緑で見事!蘇りました?

170622_施工の様子21

 

もう一個の区画もご覧の通り!

奥の方をみると、壁面までちゃんと処理がされているのが分かりますね?

170622_施工の様子22

 

これからオタフクナンテンが育っていけば、より一層!素敵な区画になること間違いなしですね?

 

 

当店は、防草シートのみを敷く雑草対策だけではなく、

景観も考えた雑草対策『防草緑化工法』を得意としております!

 

 

『防草緑化工法』のいいところは、防草シートを併用することで植物を育てるうえでの

雑草対策がとっても楽になる所♪

低管理・低コストでたくさんのお客様に喜ばれております?

2017年6月9日

フェンス下の雑草対策事例!

こんにちは!

防草シート専門店「らくやのう」の吉尾です。

 

 

 

すごい!前回に引き続き、またまた雑草対策の施工事例が届きましたよ!

こう続々と雑草対策の事例が届くとワクワクしますよね♪

 

 

 

今回の施工はお待ちかね!防草シート」による雑草対策の施工事例です!

しかも現場は雑草あるあるフェンスの下」!見落としがちですが何気に強敵なんですよね?

 

 

 

どのように防草シートを敷いて雑草対策を行っていくのでしょうか?!

それでは一緒に施工の様子を見ていきましょう?

 

 

 

\\ばーーーーーーーん!!//

 

01クズが生えている現場

 

 

おぉぉ・・・!

めっ、めげずに別の角度から・・・!!

 

 

\\ばばーーーーーーーん!!//

 

02クズが徐々に侵入してきています

 

よく見てみると雑草に交じってクズも侵食してきています><

実はクズをはじめとした「つる性植物」は近年雑草対策界隈を騒がせている問題児なのです・・・!

つる性植物はフェンスを越えて伸びてきますので、事故を誘発する原因になったりするんです。

 

肝心のフェンスの下はどうなっているのでしょうか?

 

03フェンス下にもしっかり雑草が生えています

 

フェンス下にもしっっっっっかりと雑草が生えています。

フェンス下の雑草対策は草刈もやりにくい。

手刈りをしようにも狭いからこちらもやりにくくて骨が折れてしまいますね?

 

 

ちなみにこの日は比較的気温も低かったそうですが、

蚊が結構飛んでいて手袋越しに2か所も刺されてしまったそうです・・・!!

 

 

雑草の恐ろしい点の1つとして「害虫発生の原因になる」ということも挙げられます。

もしかしたらこの蚊も、雑草を温床にしているのかもしれませんね?

 

 

 

では!気を取り直して雑草対策を行っていきましょう!

 

 

まずは草刈機で雑草を刈っていきます。

 

04草刈機で施工場所の雑草を刈っていきます

 

法面なので足を滑らせないように注意します。

 

05草刈り

 

実は私、先日初めて草刈機を使って除草を行いましたが、見た目以上に重労働に感じました。

危険と隣り合わせの作業になりますので、草刈機を導入する際は十分に気を付けてくださいね!

 

 

ボーボーに生い茂っていた雑草の刈り取りが終了しました。

 

07草刈り終了後

 

一時的な雑草対策であればこの程度でも十分ですが、これでは根本解決にはなりません><

数週間後にはまた生えてくるのが雑草なんです・・・!!

 

 

 

続いてフェンスの下の雑草も刈っていきます。

 

09フェンス下

 

今回は幸いにも!草刈機が入るスペースがあったので、草刈機で刈っていきます。

 

10フェンス下もすっきり

 

フェンス下もこの通り雑草が無くなってすっきりしました✨

先ほどの写真と比較すると一目瞭然です!

 

 

こういった人の手が入りにくい場所ほど雑草は生えてきてしまうんです?

 

 

 

さて!次はいよいよメインの雑草対策である防草シートを敷いていきます!

 

 

後ほどの工程でシートとコンクリートを接着するのですが、朝方に降った雨で現場が濡れていました。

濡れていると接着ができないので、前もってバーナーで乾かしておきます?

 

12バーナーでコンクリートを乾かしておきます

 

「乾くまで待てない!」

「どうしてもこの日に終わらせなきゃ!」

という時の必殺技です(笑)

 

 

乾かしたらシートを敷いていきます!

 

13今から防草シートを敷設!

 

ちゃんと切れ込みを入れてフェンスの下にも防草シートをくぐらせます?

 

なお、先ほど乾かしていた部分がU字溝でしたので、U字溝専用止めピンでシートを固定していきます。

 

14U字溝はU字溝専用の止めピンでシートを固定していきます

 

このように止めないと風でシートがめくれあがってしまいます!?️

とても大切な処理になりますので地形に合ったピンを選ぶのが長持ちの秘訣ですよ✨

 

 

 

さて、ピンの打設・ピンシールの貼付けも終了し、無事に防草シートを敷き終わりました!

 

 

 

\\じゃじゃーーーーーーーん!!//

16施工完了

 

草を刈っただけの場所と比較すると、1枚防草シートがあるだけで全然見た目が違いますね!

 

フェンスの下もこの通りバッチリ✨✨

 

17フェンス下もこの通り!防草シートで綺麗に仕上がっています!

 

耐用年数の長~~~い防草シートを使用していますので、これでもう当分雑草対策に悩まなくて済みます!

 

 

 

 

さて!いかがでしたか?

フェンス下の雑草対策、「あっ、実はうちも・・・!」なんて思ったお客様も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

いくらフェンスで抑えられているとはいえ、

冒頭でも述べましたように害虫の発生やゴミの投棄のリスクが発生しますし、

今回のようにクズも混じっているとフェンスを乗り越えてきてしまうこともあります。

気になったお客様は是非一度お問い合わせくださいね!